1pxのズレも許されないような案件はコーディング代行のプロに任せよう

まだ新米のフリーランサーでコーディングを始めたばかりという人たちは、クライアントの要求するレベルの高さに驚くことがあるかもしれません。

たとえば、デザインデータと1pxもズレないように完成データをコーディングしてくださいというものです。1pxというのはある意味たとえのようなものなので、きちんとデザインデータ通りにコーディングをしていってくださいという注文になるのですが、細かく指定をされると少しどきっとする方もいるでしょう。

とはいえ、1pxもズレないように細かくCSSで調整していったりするわけですが、これがもし初心者だとできるかどうか不安になります。渡されたデザインデータによっては端数ばかりが出て作りにくいものもあります。縦幅150pxと綺麗になれば良いのですが、これが151pxになっているデータが思いのほかあったりします。

そういうデータを渡されて自分でできる自信をなくしてしまったら、コーディング代行のプロにお願いしてみると良いかもしれません。コーディング代行のプロは、毎日コーディング作業をしているので技術力も高いですし、信頼できるコーディングをしてくれます。そして、自分の要望もしっかりと聞き入れてくれるので、困ったときはコーディング代行のプロに頼むことも大切です。